耐震改修設計とは?

耐震改修設計の考え方

@壁量の確保

構造用合板を張るなどの補強によって、壁の構造を強くする。

A壁のつりあいよい配置

壁が東西南北につりあいよく配置されていなければ、耐震性は期待できない。

B接合部

接合部は、力のかかり方に応じた金物で補強することが必要。

C基礎

基礎にひび割れがある場合は補強や補修が必要。

D建物の一体性

上下階の壁の位置を一致させたり、力のかかり方に応じた補強をする。

E腐朽や蟻害

湿気やシロアリの害によって木材が腐ると、耐震性は著しく低下する。部材の取り替えや対策を行う。

Fその他

屋根・外壁の軽量化は、地震に対して有利であり効果的である。

耐震補強の実務.bmp 

耐震改修の設計や工法によって、費用は大きく違ってきます。

設計としては、壁の配置を考慮しながら壁量を増やしていくことが基本になります。劣化している部分があれば、優先的に部材の交換と壁補強を行うような設計をする。

工法についても様々ありますので、耐震の研究開発を行っていた安心ホーム計画鰍ナは、費用対効果が高い計画をご提案します。

安心ホーム計画鰍ナは、下記をポイントとして設計を行っています。

  1. 雨水の侵入がある場合には、対処が必要です。
  2. 腐朽度合によって、構造耐力上交換が不可欠な場合は優先する。
  3. 壁の配置を考慮しながら壁量を増やす。
  4. リフォーム予定があれば優先的に補強することで費用を抑える。
  5. 追加工事が一切ない適正な見積もりをする。

 住みながら耐震改修工事をすることによって起きる生活上の不具合や工期、費用などについても合わせてお打合せをします。

改修設計.bmp  工事写真.bmp

次は、耐震改修事例
▲このページのトップに戻る